サウンドテック

オーディオの販売設置やホームシアターの施工、取り付け工事までこだわりをもって行っています。

ブログ

2018年3月31日

本社訪問も行った「Revelのスピーカー、F35とM16 」試聴可能中です。


REVELは、Mark Levinsonの姉妹ブランドとして、JBLの全面的な技術協力の元、デジタル・オーディオの進化を見据えて、これからのスピーカーの理想の姿を具現化すべく誕生いたしました。

 

昨年ハーマンインターナショナルの研修にて、LA本社にお邪魔した際に、

REVELのスピーカーの開発現場や製造について、そしてオートメーションが組まれた自動ブラインドテストなど体験させていただき、同社のスピーカーのクォリティを確認。

更には社長のご自宅兼ショールームまでお邪魔させていただき、プロダクトにかける思いや、これからの展開についてお話を聞かせていただきました。

 

DSC05709

 

念願のJBL本社へ、潜入。

 

DSC05701

 

お出向いもユニークです。

 

DSC05713

 

DSC05731

 

 

名だたる往年の銘機の展示も沢山。

 

DSC05760

 

DSC05764

 

DSC05761

 

REVELの原点、新時代に向けたこれからの展開をプロモーション頂きました。

 

DSC05812

 

通訳していただきながら、数時間ほど音に対する講義も受講。

改めて、これだけ掘り下げて音に対する勉強をすることは久しく、とても勉強になりました。

 

DSC05927

 

DSC05870

 

無響室にて、REVELのスピーカーのポテンシャルを確認。

 

DSC06089

 

細部に渡り拘りの詰まった開発秘話を惜しみなく。。

 

DSC06100

 

DSC06101

 

DSC06102

 

ユニットの制動を含み、耐久性や振動対策など検証、実験を綿密に行うことにより、

 

DSC06149

 

DSC06151

 

このシステムには驚いた。

オートメーションで、スピーカーが自動で入れ替わり、様々なブランドのスピーカーがカーテン越しに試聴できる。

これにて視覚にとらわれず、本当に自分の好みのサウンドはコレだと判断することができる。

革新的な試聴システムでした…

 

DSC06010

 

REVEL プレジデント自宅兼試聴空間へ。

 

DSC06449

 

プレデント自らプロモーションしていただいた贅沢な時間を。。

 

DSC06265

 

DSC06327

 

 

 

ハーマン・ラグジュアリーオーディオのトレーニング受講証書も頂きました。

 

DSC06555111

 

DSC06560

 

プロダクトへかける思い、JBLから技術提供され現代の高解像度音源にも完全対応したRevel。

この音を是非皆様へと、この度限定期間にてご試聴が叶います。

 

ハイエンド・シリーズの「Performa3」シリーズに次ぐ、「Concerta2」シリーズから、F35とM16。

 

DSC00456

 

F35(画像右)は、MCC(マイクロ・セラミック・コンポジット)振動版を採用した130mmウーファーを搭載。

レーザー・スキャンニングによる振動版のモード解析により、MCC振動版の効果を最大限に発揮する形状設計が行われています。

アルミコーンの両面をセラミック処理することで、極めて高いヤング率と適度な内部損失を実現し、内部のアルミと異なる物質とすることで、金属特有のキャラクターを排除。

 

DSC00480

 

ツィーターダイアフラムには25mm軽アルミ合金を採用。

コーテッドクロスフリーエッジの採用と、十分なバックキャパシティーを確保することで、共振周波数を下げ、クロスオーヴァー付近のリアリティーの向上と歪の低減を実現。

Revelの精巧なウェーヴガイドとイコライザーが、音の拡散性を向上させ、指向特性と軸上周波数特性の改善に貢献しています。

 

F35は、130mmウーファーを3基搭載。内2つをウーファーとして、一番上の1つをミッドウーファーとして帯域分けをして低域の音のつながりをスムーズにしています。

 

M16は、165mmウーファーと、25mmツィーターを採用した2ウェイ・ブックシェルフ・スピーカー。

 

DSC00473

 

F35、M16共に側面にラウンドをつけたキャビネットを採用し、面剛性を高め、定在波を減らしています。

内部には、補強桟を適度に配置し、堅牢さと高音質をさらに高めています。

 

_DSC9998_DSC0002

 

F35、M16共に背面バスレフを採用。

 

CDプレーヤー YAMAHA  S3000と、プリメインアンプ ESOTERIC  F・05との組み合わせで、ポップス、ジャズ、クラシックと色々聴いてみました。

Jennifer Warnesの伸びやかなヴォーカルが適度な温度感でオーディオルームに響き渡り、量感豊かな低域と、広がりと奥行きのある立体的なサウンド空間が現出しました。

 

DSC00451

 

2つ並んでお客様のご試聴をお待ちしております。

お気に入りのCDをお持ちになって、お互いの特徴を聴き比べされてはいかがでしょうか。

ナチュラルで伸びやかな音質は、お好みの音楽を心地よく聴かせてくれることでしょう。

 

販売価格

F35   \183,600(税込)

M16  \103,680(税込)+専用スタンド \32,400(税込)

カラー ブラック/ホワイト

 

*試聴期間は、4月15日までとなっています。

 

お問い合わせはこちらまで。

 

 

ps.大阪ハイエンドショウにて皆様にまたお会いでき、嬉しかったです。

 

DSC00208

 

 

 



ブログを綴っていくモチベーションアップになりますので、ツイートといいね!ボタンをポチッとお願いします。
サウンドテック公式TwitterFacebookでも最新情報を常時発信中!

< PREV    NEXT >

第5回サウンドテックαフォトコンテスト投票開始

特選 USED品/展示処分品

αユーザーによる写真を楽しむコミュニティ。参加者募集中

アルファカフェ

SONY BLOG

ACCUPHASE正規取扱店

ACCUPHASE正規取扱い店 山口県

LUXMAN正規取扱店

LUXMAN正規取扱い店

ESOTERIC 正規特約店

YAMAHA プレミアムショップ

YAMAHA プレミアムショップ

ECLIPSE パートナーショップ

ECLIPSE パートナーショップ

ソニーストア

facebook

twitter

rss

過去ブログ